記事一覧

時計の目利き+編集部のイチ押しはこの26本──その

「高い時計から売れていくような印象です」。『GQ JAPAN』が2022年の新作時計スーパーコピー ロレックスを日本で取材した際に、ほとんどのブランド関係者がこのように語っている。だが、これは日本に限ったことではない。コロナ禍がモノ消費を加速させたのか、控えめに言っても時計業界は世界的に好況だ。スイス時計協会が今年1月に発表した「2021年スイス時計輸出額」は、前年比31%増の約223億スイスフラン(約2兆7800億円)を記録。スウォッチ、リシュモン、LVMHのいずれのグループも前年比30%以上の好成績を残しており、好況は数字が証明している。いっぽうで輸出本数に限ると2019年比で約24%減。これは時計市場価格の二極化が加速していることを表しており、高価格帯の好況に反してカジュアルクラスはハッキリと不調だ。さて今年の新作時計だが、各社は実用モデルの充実に積極的であり、ビンテージやラグジュアリースポーツが元気だ。そして薄型&小径化といった傾向も顕著で、アクセサリー感覚で楽しめる非専業メゾンの確信犯的モデルにも胸躍るところだ。好況を受けた2022年は豊作の年と言い切っていいだろう。(ウォッチエディター・神谷晃)CARTIERカルティエプリヴェタンクシノワーズ中国市場を意識して演出を凝らした最近の時計には正直なところ抵抗感がある。だが中国を意味する「タンクシノワーズ」はまったく違う。原型となるモデルが誕生したのはエキゾティックな東洋趣味にパリが夢中だった20世紀の早い時期。だからこの時計を着けて闊歩したいのは馴染みのパリだ。なんて想像したら旅をしたくなった。(菅原茂)SPEC:18KYGケース×ブラックアリゲーターストラップ、手巻き、縦39.5mm×横29.2mm、世界限定150本。¥3,537,600(カルティエ カスタマー サービスセンター)BREGUET マリーンオーラ・ムンディ5557旅行に便利なワールドタイム、GMT、デュアルタイム。3タイプとも持っていて、海外旅行に利用してきたが、ローカルタイムやホームタイムの別なく、ワンプッシュで世界各地の時刻へひとっ飛びするこの時計の賢さや利便性には感心する。機械式なのに、デジタル的発想ではないか。旅気分を誘う世界地図のダイアルにも惹かれる。

オメガ 007 コピー シーマスター300 007 omega スペクター コピー 233.32.41.21.01.001


オメガ 007 コピー シーマスター300 007 omega スペクター コピー 233.32.41.21.01.001



品名 オメガ シーマスター omega スペクター



オメガ 007 コピー




型番 233.32.41.21.01.001



機械 自動巻き



材質名 ステンレス



タイプ メンズ



文字盤色 ブラック



文字盤特徴 アラビア



外装特徴 回転ベゼル




シースルーバック



サイズ 41.0mm



機能 耐磁



商品番号 omger201667



保証 当店オリジナル保証3年間付



付属品 内箱、外箱




稀少カルティエ コピー サントス ドゥ カルティエ MM ピンクゴールド kas94633

カルティエ コピー サントス ドゥ カルティエ MM ピンクゴールド

詳細情報

カテゴリ:カルティエ サントス(新品)

機械:自動巻き

材質名:ピンクゴールド

ブレス・ストラップ:ブレス

タイプ:ユニセックス

宝石:ダイヤモンド

カラー:シルバー

文字盤特徴:ローマ

ケースサイズ:35.1mm

※カラー:写真どおり(実物撮影)

※レベル: 1対1(N級品)

※付属品:保存袋

※写真を見れば分かる高品質!それに実物は写真よりよほどいい!

※手頃の価値でいい商品が手に入れる!!





116598RBOWロレックスデイトナ レインボーカテゴリー ロレックス デイトナ(新品)-スーパーコピーN級品hacopy


ロレックスデイトナ レインボー116598RBOWカテゴリー ロレックス デイトナ(新品)

型番 116598RBOW

機械 自動巻き

材質名 イエローゴールド

宝石 ダイヤモンド

サファイア

タイプ メンズ

文字盤色 ブラック

文字盤材質 ラッカー

ゴールドクリスタル

ケースサイズ 40.0mm

機能 クロノグラフ

付属品 内外箱

ギャランティー






【関連記事】:新しいファション流行データをシェアする

トラックバック一覧

コメント一覧

ロレックス 34mm URL 2023年12月12日(火)04時00分 編集・削除

ロレックスは、世界的に有名な高級時計ブランドです

2023年 時計業界 2023年12月12日(火)05時44分 編集・削除

目まぐるしい変化に次ぐ変化を繰り返す現代社会において、明日が今日の延長線上などという考えはもはや過去のもの。「伝統」「歴史」が重要視されがちな時計業界でも、もちろん例外ではありません。時計業界の中で最も顕著なパラダイムシフトと言えば1969年のクォーツショックですが、今、それを超えるような数々の巨大なうねりが業界を取り巻いているのです。そこでこの記事では、時計業界のドグマを根底から覆すような、近年の重大ニュース8個をまとめてご紹介いたします。今起こりつつある大波はイノベーションか、はたまた文化崩壊か。時計業界の明日はどっちだ!!

腕時計 グリーン 文 URL 2024年01月17日(水)10時03分 編集・削除

腕時計は、ファッションアイテムとしてだけでなく、時間を知るための便利な道具としても重要です

2024年のトレンド URL 2024年02月17日(土)00時49分 編集・削除

世界の最新トレンドを反映した時計ブランドをピックアップし、洗練された選び方を紹介します。