記事一覧

オメガ(OMEGA)手元の所作を美しく見せる知的な薄型時計


オメガは、1848年に創業した高級腕時計メーカーです。機械式ムーブメントの時計は、優れた性能であることを証明する「マスタークロノメーター」として認定されています。

また、1965年には宇宙でも使用できる耐久性を持つ時計として、「スピードマスター(Speedmaster)」というシリーズがアメリカ航空宇宙局の公認クロノグラフとして認定されました。



全体をシルバーで統一した、スタイリッシュなデザインが魅力のメンズ腕時計。ベゼルにマットブラックのタキメーターリングがワンポイントとして施されています。直径は40mmで、手元から上品さが演出できるアイテムです。

ダイヤルには日付窓やスモールセコンドなどが付属しているなど機能性にも優れます。また、ガラスには傷のつきにくいサファイアガラスが採用されているなど、長く愛用できるのが魅力です。



オメガと海の関係性を表現するために開発されたメンズウォッチ。600mの防水機能やヘリウム・エスケープバルブが備わっているなど、海での使用に耐えうる造りになっています。

ガラスには傷が付きにくいサファイアガラスを採用しているうえ、43.5mmのケースはステンレススティール製なので耐久性も良好。ダイバーズウォッチとしても活躍するアイテムです。


【関連記事】:http://missyans.top/

アクティブに輝く、現代の男たちに捧げる時計


9月発売予定。SSケース、40mm径、自動巻き。250万円[予価]/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
ジュネーブ最古のマニュファクチュールとして語られるヴァシュロン・コンスタンタンだが、その長い歴史は革新の軌跡でもある。1956年に誕生した腕時計「ロレックス腕時計ラクマ」もそのひとつ。ブランド初の自動巻き式を採用し、ラグにシンボルのマルタ十字をモチーフに取り入れ、先進性を強調した。

フィフティーシックスはその歴史的傑作を現代的な解釈で甦らせたものだ。受け継がれた由緒あるマルタ十字のラグやボックス型風防を組み合わせたケースには、洗練されたレトロモダンが漂う。フルカレンダーとムーンフェイズの機能もきわめて実用的。

かつて手巻き式に対して、新たな時代の幕開けを宣言したように、現代をアクティブに生きる男たちを腕元から支えるのだ。



革新性の象徴、「リファレンス6073」が登場した1950年代は、自動巻きへの移行とともに、腕時計もより実用的に進化を遂げた時期。デザインにおいても多くの挑戦が試みられた。



K18PGケース、縦47.5×横39.8mm、自動巻き。222万円/カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757 © Cartier
アルベルト・サントス=デュモン。世界初の高級メンズリストウォッチの誕生には、この男の存在が欠かせなかった。

1904年、航空発明家である彼が飛行中に時刻を確認するためにカルティエが考案したのが「ロレックス デイトナ 激安」だ。その機能性と革新性、独創性は、1世紀以上にわたり継承され、伝統のスタイルを崩すことなく、さらなるモダニティを纏う。

ベゼルはストラップに連なり、一体感とともにエレガンスを湛える。美的洗練だけでなく、「クィックスイッチ」機構により、工具を使わず簡単にストラップやブレスレットに交換できる。それは実用的かつ優雅。男の時計のありようを今も教えてくれる。写真のグレーアリゲーターのほかにネイビーカーフストラップが付属。


【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

進化する名作ウォッチ。ネクストスタンダードの呼び声高き3本

過去の名作アーカイブをモダンに再解釈することで、新鮮な魅力と個性を与える新作が登場している。高い期待値とともに、秘めたポテンシャルは大きく、ブランドを代表する次なるスタンダードモデルになること必至だ。



1_JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト/ジャガー・ルクルト ポラリス・デイト
海から広がるスポーティなライフスタイルに
世界初のアラーム付きダイバーズのメモボックス・ディープシーの後継として、1968年に発表されたメモボックス・ポラリスをモチーフにする新たなマリンコレクション。

本作ポラリス・デイトは、バニラカラーのスーパールミノバインデックスやボックス型風防がヴィンテージ感を湛える一方、インナーベゼルの控えめなフェイスデザインがスポーティエレガンスを象徴する。

ジャガー・ルクルトの由緒ある海の遺伝子は多彩なバリエーションで受け継がれ、早くも名作入りとの呼び声が高い。SSケース、42mm径、自動巻き。84万円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833

2_VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/フィフティーシックス デイ/デイト
現代を生きる男の腕をエレガントに飾る
モデル名はデザインのモチーフとなった19“56”年生まれの時計、「リファレンス6073」に由来する。グランドセイコー腕時計ジュネーブ最古の歴史を誇るブランドにおいて、初の自動巻きムーブメントを積んだエポックメイキングであり、その機能性はまさに時代の最先端でもあったのだ。

モダニティはデザインにも注がれ、シンボルであるマルタ十字の4枝をラグにアレンジ。本作ではこれをさらにリデザインし、レトロモダンと躍動感を巧みに表現している。

ジュネーブシール取得。9月発売予定。SSケース、40mm径、自動巻き。190万円[予価]/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

3_BREITLING
ブライトリング/ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43
技術開発の象徴を甦らせたニューフェイス
新たなCEOを迎え入れ、新体制となったブランドの今後の方向性を示唆するニューコレクションである。

名称の「8」は、1938年に設立された研究開発部門ユイット・アビエーションに由来し、フランス語で8を意味するユイットは8日巻きのパワーリザーブを示すとともに、先進技術を象徴した。

デザインは当時のオンボードクロックをベースにし、ムーブメントは自社開発製造のキャリバー01を搭載。文字盤とのツートーンカラーのインダイヤルはその優秀性を誇示する。SSケース、43mm径、自動巻き。86万円/ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011


【関連記事】:女性たちが憧れる“一生もの”は、プレゼントにもベスト

国際化社会に生きる大人に相応しい、かの地とツナガル時計

GMT、ワールドタイマー、デュアルタイム……など、呼び方も仕様もさまざまあるが、要するにふたつ以上の時刻を一本で表示できる時計がある。世界を股に活躍する男にとっては当然、実用的。そのうえ、大切な誰かがいる、もしくは重要な何かがある、「かの地」ともツナガルことができる。前編に引き続き後半をお楽しみあれ。

GRAND SEIKO グランドセイコー
スポーツコレクション
機能を正統進化させた名作クオーツのGMT



発売予定。SSケース、39mm径、クオーツ。33万円/グランドセイコー 0120-302-617
クオーツムーブメントの精度を追求する日本発信のグローバルブランドから、「キャリバー9F」シリーズ初のGMTモデルが登場。便利なのは時差のある地域の時刻に合わせるときに、時計を止めずに時針のみを動かせる点。これにより、クオーツ時計の高い精度を失うことなく、操作することが可能となった。

また高いトルクを持つツインパルス制御モーターのおかげで、力強く存在感のあるGMT針を装着することにも成功している。

HAMILTON ハミルトン
ブロードウェイ GMT 限定モデル
ロングパワーリザーブが旅の頼りになる都会派モデル


世界限定2018本。SSケース、46mm径、自動巻き。16万6000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371
都会的な男性に向けて2016年に登場したモデル「ブロードウェイ」に、数量限定のGMTモデルが登場。24タイムゾーンを表す都市表示のセラミックスベゼルを備えており、どこにいても腕元を見るたびに旅を感じさせてくれる。ハミルトン専用に開発された80時間ロングパワーリザーブの「H-14」を搭載し、機能面の信頼性も高い。

VAN CLEEF & ARPELS ヴァン クリーフ&アーペル
ミッドナイト ユール ディシ
エ ユール ダイヨール ウォッチ
2つの窓からそれぞれ覗く「こちらとあちらの時間」

K18PGケース、42mm径、自動巻き。312万5000円/ヴァン クリーフ&アーペル 0120-10-1906
時の詩的表現で世界的に評価の高い、同社が手掛けるデュアルタイム時計。モデル名「ミッドナイト」に続く語を訳せば「こちらの時間、あちらの時間」と、名前も凝っている。ジャンピングアワーで2つの時間を表示。上方の窓が「こちら」で下方の窓が「あちら」に。分針はレトログラードを採用。同社のセンスと、提携する時計製作工房アジェノー社の高い技術が融合している。

MECCANICHE VELOCI メカニケ・ヴェローチ
アイコン ナイトライト
進化をやめない4時刻表示のインパクトウォッチ

チタンケース、49mm径、自動巻き。88万円/ビックグローブ 03-3401-8006
エンジンのシリンダーにインスパイアされた大型の独創的なケースデザインに、4つの時間帯を表示するユニークな機能が人気となっている、名前どおりの「アイコン」。最新モデルには、1つのムーブメントで4つの文字盤を駆動させる独自開発の自動巻きムーブメントMV8802を搭載する。チタンケースに施した美しいペルラージュ加工に、塗り分けられたカラフルなダイヤルがひと際映える。

JAEGER-LECOULTRE ジャガー・ルクルト
レベルソ・トリビュート・デュオ・ラージ
裏表で使用できる名品のデュアルタイム



ケースを裏返すとドレッシーな白文字盤! 世界限定100本。K18PGケース、縦49.4×横29.9mm、手巻き。247万5000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
シンボリックな反転ケースの両面に、時刻表示を備えたレベルソの「デュオ」。1つのムーブメントで、異なる2つの時刻を動かす仕組みだ。いずれかをローカルないしはホームに設定できるエレガントな実用時計といえる。もちろん気分に合わせて黒か白かを選ぶのもよし。

こちらは、アルゼンチンのブーツ専業ブランド、カーサ・ファリアーノとコラボレーションしたコードバンレザーのストラップを装備。アール・デコの精神が宿る、エレガントなゴールド製レクタンギュラーケースとの相性は抜群だ。


【関連記事】:見栄えが良く、トレンディなものは常に最も美しいあなたに属します

オーヴァーシーズに直径33mmのレディ・クォーツ誕生

直径37mmの自動巻きのみで展開されていたオーヴァーシーズのレディスモデルに、新しく33mmの「オーヴァーシーズ・レディ・クォーツ」が追加投入された。



ヴァシュロン・コンスタンタン「オーヴァーシーズ・レディ・クォーツ」
「オーヴァーシーズ・レディ・クォーツ」は、3つのモデルから選べる。SSケースはブラックまたはブルー“デニム”ダイヤル、18KPGモデルにはシルバーダイヤルが組み合わされた。
■クォーツ。SSケース(直径33mm)。50m防水。ダイヤモンドベゼル。磁気から保護する軟鉄製ケース・リング。1,448,000円(税別)
■クォーツ。18KPGケース(直径33mm)。50m防水。ダイヤモンドベゼル。磁気から保護する軟鉄製ケース・リング。2,780,000円(税別)


カジュアル・シック・スポーティ。スーパーコピー時計洋服を選ばない変身ウォッチ
 33mmの小型ケースは、女性らしい表情や魅惑とスポーティーなルックスが上手に融合されている。ダイヤモンドベゼルに縁取られたダイヤルは、ブラックラッカーとサンバースト仕上げが施され、ファセットを刻み蛍光塗料を加えた18Kホワイトゴールド製のインデックスや針と心地よいコントラストを成している。実用的で非常に見やすいこの女性用モデルの「オーヴァーシーズ」は50mの防水機能が備わり、水仕事も不安なくこなせる。ユーザーの好みで付け替えられるブレスレットとレザー&ラバーストラップで、スポーティからエレガントにも瞬時に切り替わるのだ。



買ったその日から3パターンの着回しが楽しめる
 日本人女性の細い手首にもフィットする33mmケースを採用したこのモデルは、時計のスタイルをさまざまに変えられるインターチェンジャブル・ブレスレット/ストラップのおかげで、3様の変化が楽しめる。グランドセイコー コピー半マルタ十字のリンクを連ねたメタルブレスレットでカジュアルなルックス作り出したり、レザーストラップでシックないろいろなイメージを演出したり、さらにラバーストラップでスポーティな雰囲気を楽しんだりと、付け替えによる変化を楽しむだけでなく、豊富に用意された別売りのカラーストラップで、パーソナライズを豊かにするが選択肢がこの時計の特色だ。

【関連記事】:愛媛県の最新ファッション情報

【2021新作時計】H.モーザー「エンデバー ・センターセコンド ダイヤモンド コンセプト」

驚くほど鮮やかなカラーのフュメダイアル
 H.モーザーのコンセプト フュメダイアルは、「ルイヴィトン時計レディース」の追求という哲学的な考え方に基づくコンセプト作品として5 年前に発表された。このシリーズはブランドを代表するヒットとなり、クラシックな色合いだけでなく、製造が難しいビビッドカラーの文字盤までコレクションが広がっている。



H.モーザー「エンデバー ・センターセコンド ダイヤモンド コンセプト」バーガンディ
自動巻き。27石。21,600振動/時。SSケース(直径38 mm / 厚さ10.3 mm)。パワーリザーブ約3 日間。30m防水。1,950,000円(税別)。4月発売予定。世界限定100本。
60 個のダイヤモンドをセッティングしたベゼル


従来のエンデバー ファミリーになかったカラー - Burgundy(バーガンディ)と命名 - のフュメダイアルが、38mm モデルのベゼルを飾るダイヤモンドの崇高な輝きと組み合わされた。H. モーザー社は、ブランドラベルよりも製品そのものに重点を置くことで、シンプルであることが驚くほど効果的で、予想外に力強いことを改めて証明して見せた。


【関連記事】:福島県の高級ブランド情報

摩訶不思議なディスクの動き、レッセンス創設10周年記念モデル第一弾「タイプ1 スリム X」

「機械式時計の機能を21世紀の環境に適応させ、進化させること」を目標に2010年に創業したレッセンス。ベルギーのアントワープでデザインされ、スイスのフルリエで作られている。ブランド名は、Renaissance(ルネッサンス)とEssence(エッセンス)のふたつの言葉の融合だ。今年、創業10周年を記念した新作「タイプ1 スリム X」を発売した。記念モデルは第四弾まで続く。



ディスクによる時刻表示と裏蓋でゼンマイを巻き上げる独自システムは、伝統的な時計製作のアプローチとは全く異なる構造である。
レッセンス「タイプ1 スリム X」
自動巻(Cal.2892/A)特許取得ROCS1(Ressence Orbital Convex System)。40 石。毎時28,800 振動。パワーリザーブ約36 時間。Tiケース(直径42 mm、厚さ11 mm)。10m防水。世界限定40 本。212万円(税別)。


創業10周年記念「タイプ1 スリム X」の特徴
 レッセンス・オービタル・コンベックス・システム(ROCS)と名付けられた、ディスクが軌道に乗って互いを追いかけるように常に動き続ける機構を搭載した自社開発(特許取得済み)の時計構成パーツユニットが採用されている。「タイプ1 スリム X 」では、ダークオリーブグリーンのダイアルが半分ずつ異なる仕上げで作られ、午前零時と正午の表示を区別している。写真では左半分がマット仕上げ、右半分がサーキュラー仕上げで、光が2種の異なる仕上げの表面に当たると、一つの色に対して異なる解釈が生じるという、遊び心溢れるアプローチだ。


「タイプ1 スリム X」の調整は、ケースバックに配されたレバーを用いて手動で行う。この時計にはリューズがなく、巻き上げおよび調整のための機構は、ケースバックそのものになっている。これは、人間工学の観点からも優れたデザインで、着用する手の左右を選ばない。

※摩訶不思議な文字盤の動き方は本国HPが分かり易いのでオススメ

ジンから70年代スタイルのレーシングストップウォッチ「R500」が登場

ジンはブルヘッド型のクロノグラフ「R500」を300本限定で2021年1月より発売開始する。1970年代のデザインへ回帰したスタイルには、懐かしさを覚える人も少なくないだろう。

現代に復活をとげたブルヘッドクロノグラフ


ジン「R500」
自動巻き(Cal.ETA7750)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約46時間。Ti(直径42mm、12時側の厚さ16mm、6時側の厚さ13mm)。20気圧防水。限定300本。70万円(税別)。2021年1月発売予定。
 1970年代、自動巻きクロノグラフ黎明期に流行したブルヘッド型のクロノグラフ。12時位置のリュウズと11時・1時位置のプッシュボタンの配置が牛の頭のように見えることからそう呼ばれている個性的なデザインだ。ジンも同年代にこの「ブルヘッド型」を製造していた歴史があり、50年以上の時を経てこのスタイルが現代によみがえった。300本が限定で販売される「R500」である。



今作のテーマはレーシングストップウォッチであり、モータースポーツを想起させるデザインに仕上げられている。グレード5の高強度チタンが用いられたケースは、ドライバーが装着時に表示を確認しやすいように12時方向から6時方向へ傾斜しているのが特徴。また、着用者に向かって角度が付けられているため、装着時でもプッシュボタンを操作しやすいというメリットもある。



ムーブメントは信頼性の高い自動巻きクロノグラフであるETA7750を採用しているが、ブルヘッド型であるためバランスの良い「横3つ目」配置だ。実用に貢献するデイト表示に加え、12時位置にはパワーリザーブインジケーターを備えている。また、時・分針とインデックスに蓄光塗料を塗布しているおかげで、夜間のドライブでも視認性を損ねることはない。

 速度を計測するためにインナーベゼルに配されたタキメーターに加え、赤いステッチとエンボス加工を施したレザーストラップからは、レーシングカーのメーターやシートのデザインをオマージュしていることが分かる。


【関連記事】:長野県のファッションブランド情報!

ティソ【2021 新作】エレガントに手元を彩る「ベリッシマ クォーツ」コレクションが登場

ティソは新しいレディースコレクション「ベリッシマ クォーツ」を発表した。普遍的な美しさと気品を備えたこのコレクションは、カラーコンビネーションや素材が異なる3種類で構成され、直径26mmというサイズは女性の手首を華やかに彩る。

気品あふれる新コレクション
 ティソは2021年の新作として、レディースモデルで展開する新しいコレクション「ベリッシマ クォーツ」を発表した。ロレックス腕時計 価格168年の長い歴史の中で培ったクラフツマンシップによる繊細なディテールを取り入れ、精度の安定したクォーツムーブメントを搭載している。

気品あふれる新コレクション
 ティソは2021年の新作として、レディースモデルで展開する新しいコレクション「ベリッシマ クォーツ」を発表した。168年の長い歴史の中で培ったクラフツマンシップによる繊細なディテールを取り入れ、精度の安定したクォーツムーブメントを搭載している。

ティソ「ベリッシマ クォーツ」
クォーツ(Cal.ETA F03.115)。SS(直径26mm、厚さ6.85mm)。50m防水。6万500円(税込み)。2021年5月発売予定。
 直径26mmの控えめなケースには、普遍的な美しさと気品を備えている。ダイアルの中央から放射状に伸びるエンボス加工のギヨシェパターンと、それを取り囲むローマンインデックスは、クラシカルな雰囲気を演出。

 視認性にも気を配ったデザインに溶け込む3本の針と、さりげなく6時位置にデイト表示を配することで、実用性を向上させている。ロレックス デイトナ 激安リュウズにあしらわれたホワイトセラミックのカボションは、シンプルなラウンド型のケースにアクセントを加えている。

 このコレクションは3種類のバリエーションで構成されている。2種類はブレスレットモデルで、ローズゴールドカラー/ステンレススティールのコンビネーションと、シックにまとめられたステンレススティールのモデルをラインナップ。いずれもしなやかで装着感に富んだ5連タイプだ。そして唯一のレザーストラップモデルは、ローズゴールドカラーのケースと相性の良いブラウンのものが与えられた。
 常に自分らしさを表現したいと願う女性に贈る「ベリッシマ コレクション」。まるでソワレのように腕元を美しく彩り、エレガントな印象を演出する新しいコレクションが誕生した。手が届きやすいプライスも魅力のひとつだ。

金属ベルトのメリット偽物

金属ベルトのメリットはなんといっても「耐久性」です。他ベルトに比べ、衝撃などで壊れにくいため、数十年といった長い単位で使用することができます。

水や汗にも強いため、水仕事の方や営業の方など、運動量の多い方にもおすすめです。

また、ロレックス腕時計専門店金属ベルトはビジネスシーンやフォーマルシーンなど、シーンを選ばずに着用できるのが大きなポイントです。

他のベルトはカラーや素材によって着用シーンが限定されますが、金属ベルトであれば一本だけで幅広く活躍してくれることでしょう。



金属ベルトのメリットはまだまだあります。

例えば、選べるモデルの幅が広いこと。

一昔前は時計=革ベルトというイメージがあった時代もありましたが、現代はスポーツウォッチが人気を集めているため、金属ベルトを装備したモデルが非常に多いです。

どのモデルを買っていいか分からなくなるほど選択肢に溢れています。

また、金属ベルトは季節問わず使用できます。

革ベルトは汗を吸ってしまう性質から夏に着用するのは避けるべきですが、金属ベルトであれば夏であっても安心して身につけることが可能です。

さらにはピンバックル(尾錠)よりも着脱がしやすく、日々のお手入れも比較的容易であることも金属ベルトの魅力だといえるでしょう。

金属ベルトのデメリット
デメリットとしては金属であるが故の「重さ」。革ベルトと比べてしまうとどうしても重量があるため、常に装着していると疲れるという方も多く見受けられます。

ただ、近年は重量の軽い「チタン」素材の時計やベルトも増えているため、どうしても重さが気になる方はチタン素材で作られた時計を選ぶことをオススメします。

もう一つのデメリットは金属アレルギー。

当たり前のことではありますが、金属アレルギーをもっている方は金属ベルトのモデルは装着することができません。

もっとも、こちらもチタン素材のものを選ぶことで解決できる場合があります。

また、金属ベルトは経年劣化により、ブレスレットに伸びが生じてしまうことがあります。伸びてしまった金属ベルトは正常のブレスよりも曲がりやすく、酷くなってしまった場合は修理が必要です。

写真の状態まで伸びてしまうのは稀ですが、状態によっては交換が必要になる場合もあります。

なお、ステンレススティールであれ、チタンであれ、使用を続けることでスレやキズが生じてしまうことは避けられません。

汚れやキズが深くなりすぎてしまった場合、修理やメンテナンスが必要です。

傑作ドレスウォッチの奥深きイノベーション


腕時計SSケース、40mm径、自動巻き。118万円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833、シャツ1万4000円/ビームス ジャパン 03-5368-7300、パンツ2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)、Tシャツは私物 All Keith Haring Artwork ©Keith Haring Foundation Courtesy of Nakamura Keith Haring Collection.
JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト/マスター・コントロール・カレンダー
ラウンドウォッチコレクション「マスター・コントロール」が、今年ガラリと刷新された。この年次カレンダーモデルもほかと同様、ロゴのサイズダウンや、JLマークの立体化などにより、いっそう上品に。


ムーブメントは、70時間のロングパワーリザーブ化やシリコン脱進機の搭載による耐磁性能の向上など、実用化が進んだ。見た目にはわかりにくい進化だが、ブランドの価値を高めているのは間違いない。

Eco-Drive エコ・ドライブ


ブルーの迷彩柄ダイヤルが際立つ個性的なケースが、着用点数の少ない夏服の腕元で異彩を放つ。7月発売予定。腕時計6万500円/シチズン プロマスター(シチズン 0120-78-4807)、Tシャツ6380円/アブガルシア(アンシングス 03-6447-0135)、パンツ2万3100円/ア ボンタージ(ブリックレイヤー 03-5734-1098)、メガネ5万1700円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)、シャツは私物
過去の名作ダイバーのデザインをブラッシュアップして、ISO規格200m防水の光発電エコ・ドライブ仕様にアップデート。四方が張り出したケース形状とブルーの迷彩柄ダイヤルからなる個性的なビジュアルが夏の男を輝かせる。



「エコ・ドライブ ダイバー200m」スーパーチタニウムケース、46.5mm径、光発電エコ・ドライブ。6万500円/シチズン プロマスター(シチズン 0120-78-4807)
[Front]
機械式時計と異なり、ダイヤルから光をキャッチして動力に変換する光発電エコ・ドライブ方式。

光を透過させる必要があるために、ダイヤル素材に制限があるが、試行錯誤を重ねたうえで、性能とデザインを両立させることに成功。ブルーの迷彩柄をプリントで表現している。

[Case]
シチズン独自のスーパーチタニウムケースの表面に、サンドブラスト加工を施して武骨な印象をアップ。チタニウムそのものの色みであるダークグレーを活かしている。


[Origin]
本作は1982年に登場した「プロフェッショナルダイバー1300m防水」のデザインを継承。4方向に張り出したケースは、密閉性を高めるビス留めのために考案された仕様だ。

【関連記事】​​​​​​​: ファッションブランド品の偽物種類と見分け方

オリンピックのダイビング選手が好きな腕時計おすすめ。

ブライトリングは1884年に設立されたスイスの腕時計メーカー。厳格な検査プロセスを独自に設けており、1000以上の検査をクリアした製品のみを販売しています。ブライトリング 時計ブライトリングの特徴は、無骨なデザインのモデルを多くラインナップしていること。腕元から男らしさが演出でき、ビジネス・プライベートの両方で活躍します。

ブライトリング(BREITLING) クロノマット B01 42 AB0134101B1A1

ムーブメントにブライトリング独自の「ブライトリング01」キャリバーが搭載されている30代向けの腕時計。1/4秒・30分計・12時間計と3つの積算計が搭載されています。また、パワーリザーブは約70時間で、スタミナの高さが特徴です。

ケースの素材にはステンレススティールを採用。風防にはサファイアクリスタルが用いられており、高い耐久性や耐擦傷性が備わっています。また、両面無反射コーティングが施されており、視認性が高いのも魅力です。

ケースのサイズは42mmで、腕元から上品さやスタイリッシュさがアピールできるのもポイント。シルバーのストラップにブラックのダイヤルを合わせており、デザイン性にも優れます。フォーマルシーンでの着用におすすめのアイテムです。

ブライトリング(BREITLING) プレミエ B01 クロノグラフ 42 AB0118221G1P1

ストラップの素材にアリゲーターレザーが用いられている30代向けの腕時計。革独特の風合いやウロコ状の模様が楽しめます。また、腕に沿うよう湾曲しており、高い装着感を得られるのが特徴です。

ムーブメントには1/4秒と30分計が搭載された「ブライトリング01」キャリバーを採用。6時方向には日付表示窓が設けられています。ブランド時計 コピーパワーリザーブは約70時間とスタミナの高さも良好。2日間着用しなくても動き続けます。

ケースの素材にはステンレススティールを採用。サビにくく、高い耐久性と耐食性が備わっています。また、風防に両面無反射コーティングが施されたサファイアクリスタルが用いられており、視認性が高いのもポイントです。

オリンピックのヨット選手が好きな腕時計おすすめです。


オリス、ダイバーズ。

お値段の方は、257,400円。

桃太郎ジーンズとのコラボモデルということで、腕時計のブランドとジーンズブランドというのは、かなり異色のコラボですね。

個人的に、ジーンズも大好きなので、気になるところです。

ストラップがデニム地になっているということで、色落ちとかするんですかね。

時計本体の方も、パネライ時計 ルミノール本格的な機械式時計になっておりますので、もちろん、一生モノと言える逸品でございます。

ダイヤルの色も太陽の光に綺麗に映えるグリーンのグラデーションカラーとなっており、これからの季節、人気が出そうですね。



ラドー。

お値段の方は、209,000円。

クラシカルなデザインが逆に新鮮な、ラドー、ゴールデンホース。

1957年のオリジナルモデルの復刻版ということで、これだけ質感のいい腕時計がこの価格で買えるというのが素敵ですね。

復刻とはいえ、搭載するムーブメントは最新で、パワーリザーブはなんと80時間。

週末に置きっぱなしにしても、月曜日の朝、止まっているということもないでしょう。

ブラックベイクロノのオリジナルモデルを振り返る


チューダー オイスターデイト クロノグラフ Ref.7031/0

チューダー初のクロノグラフモデルとして1970年に登場。オイスターデイトとネーミングされたクロノグラフモデルはロレックス デイトナとは異なる2カウンター(2つ目)クロノグラフ仕様であることや、オレンジ、グレーなどチューダー独自のデザインが採用されていました。特殊な形状のインデックスはホームベース文字盤と呼称され絶大な人気を集めています。近年、コンディションに優れる個体の流通数が激減したことにより、ロレックスに勝る高値で流通することも珍しくありません。

2カウンタークロノグラフ、6時位置の日付表示、ねじ込み式のクロノグラフボタンなどからも、ブラックベイクロノのデザインはこのオイスターデイト クロノグラフをモダンに踏襲したデザインであることがよく分かるのではないでしょうか。



チューダー クロノタイム Ref.79180

1976年にそれまでの手巻きから自動巻きへとムーブメントが変更、さらに文字盤には新たに「CHRONOTIME」の文字が入りました。ムーブメントには高い耐久性を誇るバルジュー7750が搭載。構造上分厚いムーブメントを保護することからオイスターケースの厚みは手巻き時代に比べ約1.5mmも分厚くなり、その形状からビックブロック(カマボコ)ケースとして親しまれました。 武骨なデザインはアンティーク市場で人気が高く高値で推移しています。

ベゼルに直接表示されたタキメーター、分厚いケースなど、ブラックベイ クロノ Ref.79350はこのクロノタイム Ref.79180の雰囲気が踏襲されています。

【関連記事】:海外セレブやモデルのスナップ写真も掲載

オリンピックバレーボール選手が好きな腕時計


『コルム』の名前を知らなくても、インデックスに国際海洋信号旗をあしらった「アドミラルズ カップ」は見たことがあるでしょう。同ブランドは「アドミラルズカップ」に限らず独創的なモデルを数多くリリースしているブランドであり、こちらの「バブル」もその1つです。スーパーコピー時計最大の特徴は、ケース側面から見るとはっきりと分かるドーム状に盛り上がったサファイアクリスタル風防。厚さ1cmを超える風防は、『コルム』の高い技術力により厚さを感じさせない透明度を実現しています。インデックスにあしらったのは、写真家ダニ・オリヴィエ氏によるヌードポートレート。アートウォッチの枠にとどまらない、高感度なデザインに仕上がっています。


まるで玩具のようなポップなルックスですが、れっきとしたスイス製の自動巻き時計。『フォルティス』は100年以上の歴史を持つ老舗で、深海から空、果ては宇宙にまで手を伸ばし製品開発を行っている実力派です。特に、1994年以降ロシアから飛び立つ宇宙飛行士の公式装備品となっている「コスモノーティス」コレクションは時計好きなら一度は見たことがあるでしょう。

そんなブランドがロルフ・ザックス氏とコラボレートして発表したのが、アートモデル。こちらは大ヒットを飛ばした第1弾に続き、2015年のバーゼルで発表されたモデルになります。正直、どう読むのかわからないインデックス。しかしそれが、信頼のおけるETA社製のムーブメントに20気圧防水を備えるケースと“ちゃんと作っている”時計に載っていると大人の遊び心を演出する要素になるのです。


精度を突き詰めるブランドもあれば、超絶技巧、宝飾品としての美しさを追求するブランドもあります。タグホイヤー 時計 レディースその中で、『ビクトリノックス』が「イノックス」で選んだのが耐久性の追求。100を超える耐久テストの項目には高所からの落下だけでなく、戦車で踏ませるなんてとても精密機器に行って良いモノではない項目が含まれています。200m防水に耐磁性も備えたモデルはまるで金属の塊のような重厚さを備えており、ぎっちり編み込まれたコードストラップが程良くアクティブなムードも添えています。

父の日オリンピック飛込選手が父の腕時計を贈る


ダイバーズウォッチの分野でも大きな存在感を放ち、国産ダイバーズ55周年を迎えているセイコーが新機軸となるストリートシリーズを発表した。このシリーズは、1975年に誕生した外胴プロテクター付きの通称"ツナ缶"と呼ばれるモデルで、唯一無二の外観とその堅牢性から多くのファンを獲得している。リシャールミル 時計その歴史的なモデルに大きなアレンジを加え、やや小型化したケースと、何よりタウンユースに適したサファリカラーを採用。価格も5万9000円(税抜)と若者でも手に取れるプライスに抑えながら、同社の自動巻きCal.4R36を搭載した機械式モデルである。

 なお、ストリートシリーズはこの自動巻き2モデルのほかにソーラー充電に対応したクォーツモデルが2機種ラインナップされている。外観やサイズも異なるため、そちらは改めてご紹介したい。


ファースト・インプレッション
 この"ツナ缶"は、実は逆輸入的に人気が高まったモデルである。その愛称も海外で付けられて日本でも定着したもので、基本的には1975年の誕生当時から大きくデザインは変えてこなかった。オールブラックのモデルや、ブルー×レッドをベゼルに配したものなど、腕時計の一般的なカラーバリエーションは展開されてきたが(あるいはゴールドカラーを配したものなど)、ベースはクラシカルなダイバーズでありそれこそが魅力だと思ってきた。

 しかし、本機を見たときに最近のセイコーの時計の中でもかなり大きな衝撃を受けた。理由なくワクワクして、単純に欲しい!と思わされたのだ。それは、セイコーが本機を腕に着けて欲しいターゲットをより明確にし、作り方のコンセプトを変えているからだろう。「アーバンサファリ」というイメージありきで、カラーリングとサイジングに重きをおいたのだ。機械式時計に興味がなくとも、このデザインに新たなユーザーが惹かれる可能性はあると思う。


ADVERTISEMENT
 この時計において、セイコーが長年積み上げてきた遺産は黒子に徹している。45年の歴史をもつ外胴プロテクターというアイコンはあくまでデザインの一部として存在しているし、搭載されるムーブメント4R36はかなりおなじみのものだ(もちろん鑑賞することもできない)。セイコーの機械式時計として申し分ない水準の装備をしていながら、あくまで主役はデザイン。これは非常に面白い試みだと思う。ちなみに、着け心地もかなり良い部類に入る。外胴プロテクターがありながら12.7mmに抑えられた厚さと、フィット感と肌触りの良い強化シリコンストラップが合わさりまるで吸い付くように腕に収まる。

 デザインと着け心地に納得して購入した人たちが、後から機械式時計や由緒あるダイバーズとしての本機の隠された魅力に気づくシーンを思い浮かべ、僕は非常にワクワクするのだ。

【関連記事】​​​​​​​: 各種ブランド腕時計のメンテナンス

オリンピックのダイビング選手が好きな腕時計です。

こちらの腕時計は、すっきりした無駄のないデザインと、存在感のあるメタリックの文字盤がインパクトを与えます。シンプルでありつつゴージャスな魅力を備え、手元を明るくおしゃれに彩ります。

また、異なるサイズを選べばメンズ用としても使うことができ、ペアウォッチとして購入するのに適しています。防水仕様のため、雨の日のデートにも安心で、外出がより楽しくなるようなひと品です。

さらに、カジュアル・フォーマル問わず違和感なく溶け込み、多様なファッションにも合わせやすいため幅広い層へのプレゼントに最適です。カラーバリエーションも全部で5色あるので、相手の方の好みに合わせて選びましょう。

男性らしいダイナミックな文字盤に、最新の機能が搭載されたカシオのタフソーラークロノグラフは、カシオ独自の技術を駆使した高機能のアナログ腕時計です。

日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国などの、世界6か所の標準電波を自動受診する機能「マルチバンド6」が搭載されているので、旅行中でも時間を自動修正してくれます。ソーラー充電機能も搭載されているので、電池交換の必要もないのが魅力のひとつです。

シンプルなバンドにスポーティーな文字盤のデザインは、スーツでもカジュアルでも合わせやすく、様々なシーンに着けることができるので、若い世代にも人気が高いです。

【関連ブランド】:パネライ時計 ルミノール

このシックな時計がまさしく「超弩級」である理由とは?【超弩級 複雑腕時計図鑑】


時計の精度を格段に高める伝統的なトルク制御システム
18世紀に活躍したスイス人時計師、フェルディナント・ベルトゥー。若くしてパリに渡り、ルイ15世からフランス国王および海軍付きの称号を得たことで知られる。その作品にショパールの共同社長カール-フリードリッヒ・ショイフレ氏が惚れ込み、2015年に同じ名を冠してブランドをスタート。シャネル時計j12そして今年、1768〜69年にベルトゥーが手がけた「マリンクロックN°6」をモチーフとする新作「クロノメーター FB 2RE」が発表された。

本作の特徴は、オリジナルも採用した2つの特殊機構にある。ひとつはフュゼ・チェーン伝達機構。ゼンマイを収めた香箱の隣に円錐状の滑車(フュゼ)を置き、香箱が自転しながら滑車のチェーンを巻き取っていく。その際、ゼンマイがいっぱいに巻き上げられた状態では円錐の細い側、時間の経過とともに力が弱まると太い側に移行。つまり滑車が変速ギアのような役割を果たして、トルクの減少を補うのである。このチェーンは790もの部品で構成されている。

もうひとつがルモントワール・デガリテだ。フランス語で“巻き上げる”を意味するこの機構は、ガンギ車の同心に配置され、専用のひげゼンマイに蓄積されたエネルギーを、脱進機を通じて1秒ごとにテンプに提供。これにより歯車の噛み合いから生じるわずかな不規則性を解消し、トルクを一定に制御する。いわゆるコンスタントフォース機構に近いが、こちらのほうがより歴史は古い。

これら2つの機構は互いに連動し合い、いずれもムーブメント輪列に伝わるトルクを平滑化するもので、すなわち時計の精度向上に大いに貢献するのである。

さらに本作はデザインも充実しており、文字盤に高温焼成された2段構造の“グラン・フー・エナメル”を採用。裏面にはシースルーバックを取り入れ、偉大な先人も用いた2つの複雑機構の様子をはじめ、一つひとつ手作業で面取りされたパーツや美しい装飾が鑑賞できる。

【関連記事】:2021購入ガイド-ロジェデュブイ腕時計

ロレックス ミルガウス Zブルー。





 次に、汎用性も重要だ。私がショップやアパレルラインをもちたいと思ったのは、自分自身のニーズを満たすためだった。マンハッタンで仕事をするときにも、ミシシッピの両親のところに帰るときにも、そしてミラノ行きの飛行機に乗るときでも、違和感なく着られる服が欲しかったのだ。当時、私のクローゼットにはそのようなものはなかった。

 我々の最初の名刺には「vestitum et sanae mentis」と書かれていた。これは「服を着て、正しい心で」という意味だ(マルコによる福音書から引用している)。つまり、服を着てもらい、それでいて服についてあまり考えなくてもいいように、心地よさと自信をもたせるという意味だ。服よりも重要なことに集中できるように、心を解放することなのだ。

 私は「洋服好き」で、自分の服装について考えるのが好きだが、多くのお客様はそうではない。同様に、私は「時計好き」ではないし、特にHODINKEE読者の皆さんとは比べ物にならない。だからこそ私の時計は後悔するようなものであってはならない。私の場合、そうして選んだ時計はロレックスのエクスプローラー 1016だ。その前は1960年代のゼニスのキャリバー126で、これは25年間所有している。

 あなたにとって時計とは何だろうか? 私は週に6日ネクタイを締め、7日めは水泳用トランクスをはくが、あなたの生活は私の生活とは違うはずだ。答えは毎日何をするかによって変わってくる。あなたにとって時計は、カシオのデジタルかもしれないし、ヴィンテージのユンハンス マックス・ビルに古いアリゲーターストラップをつけたものかもしれない。また、あなたがエルビス・プレスリーでない限り、ハミルトンのベンチュラではないだろう。概してスタイリッシュな時計とは、普段のスタイルに自然に溶け込んでいて、あまり気を使わなくてもいいものだと思っている......もちろん、気を使うことが楽しい人は別だが。

 時計が密かに特別な存在になると元気が出てしまう。ロレックスのミルガウスはまさにその典型だ。科学者の時計なのだ。私はまだ持っていないが、耐磁設計(発電所や病院、研究所で働く人のための設計)だと知ったときは、最高にクールだと思った。名前を解析すればそれほど秘密ではないが、それにしてもすごいストーリーだ。同じように、メリノウールとヤクの毛を使ったセーターがここにあるが、これは一見したところ全く分からないし、同時にワイルドなものなのだ。誰にも気づかれないだろうが、「ありがとう、ヤクの毛だよ!」という言葉は、「ありがとう、耐磁性だよ!」という言葉と同じくらいクールな答えだと思っている。

 ミルガウスのオレンジ色の秒針にも惹かれた。 昔からデイグロの蛍光顔料が好きだったし、製品染めのジーンズやスニーカー、オックスフォード生地のシャツなど、「シド・マッシュバーン」 のラインは常にネオンカラーを多用している。

 結局のところ私が好きなのは、シンプルで汎用性があり、均整がとれていて......たぶんクールな裏話もあるようなアイテムだ。ロケット工学ではないが、そうである必要もない。ロレックス レディース興味がもてるか。そして心が動かされるものか、ということなのだ。世の中には素晴らしい時計がたくさんあるが、最終的にスタイルの象徴とするには、それを自分の生活の一部にし、所有することなのだろう。

シド・マッシュバーン氏はデザイナーであり、アトランタ、ワシントンD.C.、ダラス、ヒューストン、ロサンゼルスの5ヵ所に展開するメンズウェアショップの経営者でもある。オンラインはこちら。

ページ移動